第4回 なかはらちあきちゃん


ちあきちゃんに聞いてみました
■いきなりですが、「わたしの絵は、ここがすごい!」というところを教えてください★彡
他の人とはちがうアイデアを思いついてかいているところ
■ちあきちゃんの作品には、よく空想上の生き物やドラゴン、それに様々な生き物たちが登場しますが、ちあきちゃんはそれらのどういったところにみりょくを感じていますか?また、空想上の生き物やドラゴンにきょうみを持つようになったきっかけがあったら教えてください。
空想上の生き物だと自由に何でもつけたすことができるところがみりょくです。
■ちあきちゃんが絵をかくとき、気をつけていることはありますか?あるとしたら、それはどんなことですか?
なるべく課題からそれないようにする。
■ちあきちゃんが好きなことは何ですか?
図工。読書。
■どんな本をよく読みますか?
動物の本。
■最近がんばったことはなんですか?
将棋。
■最近集めてるものがあったら教えてください。
ポケモン人形。
■将来の夢はなんですか?
画家。
■最後に、ちあきちゃんの作品展を見てくれる人に一言お願いします。
どうぞ楽しんでいってくださいな。


おうちの方に聞いてみました
■我が子ながら、「これはすごい!」と思われる所はどこですか?
本を読んでいる時の集中力。呼ばれても気付きません。


『シカのむれ』
【作者コメント】
さーこの絵の中に何びきの動物がいるでしょう?
(こたえ17ひき)<2005.11>
『いかく』
『ピューマのネライは―――?』
【作者コメント】
アフリカのサバンナでほえるライオン。他の♂と戦う所。さあ、どっちが勝つでしょう!?<2005.12>
【作者コメント】
シマウマをねらっているけド…ライオンに注意!×2<2005.12>
『サンタしんにゅーのしゅんかん!×2(と、ひていされるあい)』
『がちゃごっちょ村のごっちゃごちゃお正月』
【作者コメント】
男の子のとなりのネコのぬいぐるみ、ゆめをのぞいて、ありえないと思い、「アホ」といっている。※(※ネコのぬいぐるみの絵)で、サンタ、ネズミに見つかってるよーーーーー!<2005.12>
【作者コメント】
1月-12月へかけてのイベントだくさん!
おさいせん、豆が入りそうねー。
村の人のカレンダーは、いったい何月だぁ?
おせちも、サンマや、いちご、いろいろとちがう季節の物がありそう…。<2006.1>
『ドーナツとにげていたテレビが宇宙旅行に出かけようとしてヘリコプターと運動会をしたくじらの花と計算機』
<2005.11>
『春のキツネで飛んでいるアイロンに追いかけられて、転んで泣いているメロンの森と湖』
<2005.11>
『とんぼが笑って、めがねが笑って、サメが笑って、トランペットが笑っている、たくさんのイスとポップコーン』
<2005.11>
『うしのリュウのくに』
『かくれてワシ!』
<2005.8>
<2005.10>
『炎の鳥』
【作者コメント】
一番上の巣の近くにいるのが去年生まれた子。月の近くの子は、若鳥。上の巣のもちぬし。もう一人(一羽)立ちする。炎のまいをまう鳥。<2005.11>
『炎の鳥 昼』
『つばさの見た風景』
【作者コメント】
食べものは、のいちご。よくみのるひみつの炎の鳥さいばい地がある。一日3つぶでたりるから大家族!ちなみに尾の分かれ数で、それぞれの位が分かる!!!<2005.11>
【作者コメント】
町は、ビルに人が多いので、家族は少ない。
いろんな自然があるネー※(※ハートマーク)<2005.12>
『ハンターVS鳥』
『たたかうのは父鳥』
【作者コメント】
ハンターの鳥がいなくなった??をキツツキがけずっちゃった ※(※描いた絵の絵文字)のココは子どもほいくのへや。しっぽはグレートオーオー(ぜつめつした鳥)のしっぽ。<2004.12>
【作者コメント】
ヘビ一ぴきタカのエサに…。だれもしらない-11度の夜の物語り…。<2004.12>
『ゆめのこうじょう』
【作者コメント】
左下にある広いところは、しあげをしてゆめをおくるワープゾーン。しょうどくして、こなにして、にこんで、れいとうして、ベルトコンベヤーの上ではこんで、氷をわって、ワープさせる。人の入り口は、左上のハートなどの入り口のすぐ近く。そこをあけると、ワープゾーンのあるへやへ。<2004.3>
『ママが王!!』
『バツをうける所もある!!??』
【作者コメント】
ここは、岩場。外で、♀と♂がこいのまほう(かんたんなどうぐで)にかかっている。お母さんは、いろんな形になれる。お父さんは、海の中の岩の中に、第二のおしろにすんでいるよ。<2004.11>
【作者コメント】
かいそうまみれのへやは、バツで、くすぐる所。サンゴや、わかめのふたつのへやは、人間が来たときようで、まず、サンゴのへやへいき、人が来たら※(※抜け穴の絵文字)で、上のへや。サンゴは切られるけど、わかめでヌルヌル…。<2004.7>
『世界の幸わせ工場』
『夏休みゴー!ゴー!』
【作者コメント】
1、まずとかしかけくらいにして。2、まとめてひやす。3、そしてワープ!!<2004.12>
【作者コメント】
やっぱり夏は海!!なので、海のようすをかいたよ!!(ファイちゃんは水がにがて。でも来てる?)カモメさんの見たとうすだよ※(※ハートマーク)<2004.8>
『ガヤガヤまち』
【作者コメント】
「虫」を、一ぴき一ぴきくふうして、※(※描いた虫の絵文字)など、いろいろかきました。<2004.3>
『うみ(空?)いっぱいの星空』
『いろいろおうち』
【作者コメント】
にじを、あまの川にかえたところを、くふうしました。左下の魚は、たこ魚といって、それがきにいっています。<2004.3>
【作者コメント】
イカの家や、太ようを作る家や、めいろの家 リボンをしたところもあります。
くふうをしたところです。<2004.2>
『かいていのひみつの家!?』
『パーティにスイミーたちもやってきた!!』
【作者コメント】
魚のもようや、家の形をくふうして、貝のテレビや、とうめいなところを、くふうしました。
ゆうびんうけもあります。ポストもあります。<2004.2>
【作者コメント】
スイミーたちの、一つ一つがたいへんで、コップを、魚がのめる、ちょっとあさくて大きなコップにしました。<2004.3>
『羽に魚のもよう?!』
【作者コメント】
羽の魚は生きて、羽の中の水で泳いでいるよ!!<2004.9>
『ギザギザ森』
『みらいのくつは、山の中!?』
【作者コメント】
チョウをくふうしました。鳥もしゅるいいろいろにしました。
木の赤ちゃんの顔に注もく!!お兄さん木は、ギターをひいているけど音がーーー<2004.4>
【作者コメント】
デジタルどけいが気にいっています。だって、本ものみたいだよ!!だから※(※ハートマーク)<2004.5>
『虫の上に山町』
『にぎやか森の中は…!!』
【作者コメント】
山の左の方は、ドアがあかない!!(中のほう)大へん!!右はあくよ。<2004.8>
【作者コメント】
とりやはなやさかなやきを、いろいろくふうして、これまでのさんかくやまるなどをつかったよ。<2004.3>
 なかはらちあきさんの個展をここに開催できて、とても嬉しく思います。
 ちあきさんの作品は、彼女の自由で伸び伸びとした、そして柔らかく温かい心から生まれてくる発想との出会いを彼女自身が楽しみ、表現しているように思います。表現スタイルも、彼女の心を反映しているかのように、ダイナミックで伸び伸びとした構図の中にきめ細かい優しい「心」が表現されています。また、もう一つの特徴として、彼女のどの作品にも優しい瞳を持った生き物たちが登場し、穏やかで平和な情景が表現されているように思います。そんな彼女の優しい心も味わっていただけたらと思います。